就寝前の過ごし方


 

あなたは眠れないとき、どのように過ごしていますか?
テレビを見る姿

 

無理に寝ようとしても
「眠らなければ!」と焦ってしまい
脳が興奮してしまうこともあります。

 

これが度々繰り返されると、
つらい記憶としてインプットされ、
不眠の原因にもなりかねません。

 

では、なぜ眠れないのか。

 

気持ちは眠りたくても、
からだの方は準備が整っていないからです。
どんなにガンバッて眠ろうとしても、なかなか寝付けません。

 

なぜなら、わたしたちが自然と眠くなるのは、
脳内の睡眠ホルモン が十分に分泌されているからです。

 

からだの中では、朝起きてから就寝時間まで
昼間の活動中に 少しずつ眠りの準備を整えています。

 

このほか、部屋の照明が 睡眠ホルモンの分泌 を妨げている可能性もあります。

 

就寝前に控えたい強い光とは

 

就寝前(夜間)に過ごしている 部屋の明るさは どのくらいですか?

 

睡眠ホルモン と 光の関係 は意外に大きいのです。
(適度な明るさ(lxsルクス)については「寝室環境の影響」ページで紹介しています。)

 

この他、深夜のコンビニや 蛍光灯の明るい部屋で過ごしていると、
眠気を遠ざけてしまいます。

 

また、疲れていると テレビや明かりをつけたまま 眠ってしまうこともありますが、
この明るさ(lxsルクス)が問題になります。

 

テレビとPC携帯
パソコン画面の光り
テレビ
ゲーム機器

 

これらの強い光は、長時間浴びていると
眠りが浅くなってしまいます。

 

夜中に目が覚めたり 疲労回復に影響がでることもあります。

 

その理由は、脳内で生合成される 「睡眠ホルモン」が不足してしまうため。

 

このホルモンは、明るい光によって分泌が抑制されます。
対策として、強い光りや脳が興奮したり、目が冴えるようなものを控えます。

 

例えば
メールやネットは、可能な範囲で翌朝にまわす。
就寝前のTV映画(アクション、ホラー)は録画。
対戦もののゲームは昼間に。

 

眠れないときの過ごし方

 

アロマポットアロマテラピー や 好きな音楽 でくつろぐ。

 

気持ちを落ち着かせて、
副交感神経へ切り替えると 眠りやすくなります。

 

眠くなるまでゆっくりお風呂に入る。
深部体温をコントロールして眠りやすくします。

 

ストレッチ体操を軽くして 体を温めたあと、自然に眠気がやってくるのを待つ。

 

このほか、昼間の活動量が減ると、
からだや脳が必要とする睡眠時間が減る と言う考え方もあります。

 

この内容は「睡眠とホルモンについて」のページで紹介しています。
あわせてご覧ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

この内容の関連ページ

 睡眠とホルモンについて 健康には欠かせない。
重要なホルモンの種類と役割、分泌の仕組み。
 ストレス・悩みを和らげよう 眠れない原因になっているのかもしれません。
あなた自身のストレスに気づいていますか?
 眠りやすくする入浴方法 シャワーで済ませたいときでも大丈夫。
簡単な方法も紹介します。
 眠りに導く運動 激しい運動は逆効果
睡眠ホルモン「セロトニン」を増やそう!
 眠れるCDと音楽 リラックス効果のあるα波が現れやすい音楽とは?
 アロマテラピー なぜ、良い香りはここちよい気分になるのか。
 寝室環境の影響 寝室の照明や温度が眠りに影響することを
あなたはご存知でしたか?