睡眠とホルモンについて



昼間の過ごし方が、睡眠に影響することをご存知でしょうか。

 

これは、睡眠を促すホルモンの分泌量に影響しています。

 

久しぶりに遠出をしたり、スポーツなどで体を動かすと、
いつもより 活動量も増えるので、よく眠れた経験はありませんか。

 

人間の脳は、睡眠の「質と量」を計算する


昼間に会話をしたり、手足を動かすなどの活動は、脳内ホルモン物質の分泌を促します。

 

メラトニンとセロトニン

 

このホルモンが、一定量になると眠くなる。

 

つまり私たちの体は、昼間に脳が働いた分だけ 睡眠を必要としています。
そのため、この脳内ホルモン物質は 「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

 

眠ろうとしても眠れないのは、
この睡眠ホルモンの分泌量が 不十分だと考えられています。

 

睡眠に関係したホルモン物質は、主に次のものがあげられます。

 

・病原体と闘い、強い眠気を引き起こす 免疫関連物質

 

・代謝を促進して体の組織を修復する 成長ホルモン

 

・メラトニンの生成に不可欠なセロトニン 神経伝達物質のひとつ

 

・眠気を誘発するメラトニン 脳内で生合成されるホルモン

 

・血糖値を上げて 眠りから体を目覚めさせるコルチゾール

 

「メラトニン」と「セロトニン」の役割


ここでは「メラトニン」と「セロトニン」についてお話してみたいと思います。

 

メラトニンは生体リズム、
体内時計の調節に 重要な役割を果たしています。

 

眠気を誘発するとともに、「疲労回復」「抗酸化作用」「免疫作用」
などに 働きかけると考えられています。

 

また、セロトニンは 精神バランスを保つためにも、
必要なホルモン物質 と言われています。

 

セロトニン不足になると
「心が弱くなり 気持ちが沈む」 「攻撃的になる」 「疲労感が増す」

 

このように 脳内セロトニン濃度が低いと、
心と体のバランスが とれなくなってしまいます。

 

しかも、セロトニンは 作りおきができないばかりか、ストレスで減少してしまうのです。
ということは、メラトニンの分泌量も減る。

 

そして、残念なことに 「メラトニン」は 加齢とともに
分泌量が減少してしまい、睡眠リズム(体内時計) の乱れを引き起します。

 

  • メラトニンが多い人 →  規則正しいリズムにより健康
  • メラトニン少ない人 →  リズムの乱れなどの影響で元気がない

「メラトニン」と「セロトニン」を増やせるのか


では、どうすればこのメラトニンを生成し分泌できるのでしょうか。

 

メラトニンは、セロトニン というホルモン物質から生成されます。
昼間の活動により セロトニンの分泌が促され、
夜になって メラトニンの原料となる仕組みです。

 

そして、眠気を誘発するメラトニンは、
日が落ちて 暗くなってから分泌が始まり、深夜2時頃に最大量となります。

 

このメラトニンは 眠っていなくても、暗い場所にいれば分泌されます。
朝の光りを認識すると、メラトニンの分泌がとまります。

 

まとめると、
昼間にセロトニンをたくさん分泌させて、夜は暗い場所で過ごす。

 

これが理想です。

 

セロトニンの分泌を 活性化させるには、太陽の光りが重要なので、
室内では、 太陽の光が届く 明るい場所で過ごすようにします。

 

曇りの日でも、窓際の光りで足りるので大丈夫。

 

又、セロトニンを含む食材を 意識して食事にとりいれたり、
昼間の活動の仕方で セロトニンを増やすことも考えてみませんか。

 

下の関連ページも参考にしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

この内容の関連ページ

 睡眠に関連した食品 身近にあるのに知らなかった。 睡眠によい食品。
 眠りに導く運動 簡単な運動で睡眠ホルモン「セロトニン」を増やそう!
 ストレス・悩みを和らげよう あなたはストレスに気づいていますか?
 体内時計とは 体内時計はどうやって、体のリズムを調整しているの?
 最適な睡眠時間は? あなたに必要な睡眠時間はどのくらい?