ストレス・悩みを和らげよう



眠れないからつい、寝床で考え事をしてしまうことはありませんか。
そして、ますます眠れなくなる。

 

いろんなことが頭に浮かんで 交感神経を刺激してしまうと、
頭が冴えて眠れなくなります。

 

眠るためには 副交感神経、気分を落ち着かせることが大事。
アロマキャンドル
リラックス できない状態が続くと、
「眠りが浅い」
「朝起きるのがつらい」など
眠りに関する悩みだけでなく、

 

「慢性的な疲労感」
「無力感」「不安」が増す
「こころが弱くなる」など、
からだや心に ストレスの影響が及んでしまいます。

 

こころの洗濯をしよう


ところが、自分ではストレスと感じていない人も多いのです。

 

気がつくと気分が滅入る。
すぐに疲れる。
理由もなくモヤモヤ、ざわざわ、イライラする。

 

忙しく働いてると、悩みや不安はつきものです。
まずは 自分の気持ちを整理してみませんか。

 

睡眠のためのストレス解消ノート心の状態をノートに書いてみると
自分では気づいていない感情が見えてきます。

 

仕事、子育て、介護、人間関係など
「嫌だ」「困った」「疲れる」と感じたことを書いていくだけ。

 

何でもかんでも・・
とにかく書き続けてると、不思議と嫌な気分が軽減されます。

 

こころに引っかかった「もやもや」を毎日積み重ねていると、
どんどん膨らんで大きくなっていく。

 

だから、ノートに書くことで 小さな心のわだかまり を残さないようにします。

 

ノートに吐き出したのだから大丈夫。
たまねぎの皮を一枚一枚むくように、ストレスの塊がだんだん小さくなっていきます。

 

どんどん書き続けてください。
「○○が嫌だ」 「困った」 「○○は疲れる」。 
何も考えず、ただ思いつくままに ストレートに書く。

 

ちょっとしたことなら ストレスの皮がむけた分、問題は消化します。

 

心の状態を知ろう


しばらくして、気が向いたらノートを読み返してみてください。
解決方法がみつかることもあるからです。

 

なんとな〜く、パラパラ読んでみる。
できれば、そのとき湧き上がる 感情を書き加えてください。

 

後日、更に読み返してみる。
ときが立つと、読み方も変化します。
それは、気持ちが落ち着いていくからです。

 

「客観的な立場」に立って読めるようになっていたり、
そのときの 自分の気持ちを思い起こして、
「なぜ そんな感情に・・・」と考えられる方もいます。

 

すると、自分のこころに正直になれるから
ストレスの原因が何か判明することもあります。

 

【ノート作戦が成功した話】

 

友人は「ストレスは感じないし、そもそもストレスってなに?」と笑っているタイプでした。

 

ところが、最近「悪夢をみる」「眠れない」「夜中に目が覚める」
睡眠不足だと言います。

 

オカルト的なことも考えて、ぬいぐるみを捨てたことなども話していましたが
なにも解決しなかったそうです。

 

そこで、心理学で学んだ方法を薦めてみたのです。

 

しばらくして、連絡が来ました。
通勤電車や昼休みに「嫌だ」「腹が立つ」「疲れる」と感じることをノートに書き始めたと。

 

そして、こころの奥に蓋をしていることに気づいたそうです。
書くと落ち着くようになり、ノートも2冊目に突入!と喜んでいました。

 

「そっ・・そんなに!」と思いましたが・・・。
書くのが楽しいと言っていたので、友人には向いていたのでしょう。

 

その後も続けているそうです。

時がたっても、問題が見つからないときは・・・。

 

ノートを見せることに抵抗がなければ、
第三者に ストレスの原因を探してもらう方法もあります。

 

カウンセラー とまではいかなくても、信頼できる方に
「客観的な意見をたくさん出してほしい」と頼んでみてはいかがでしょうか。

 

ノートに ストレスのヒント が隠されている筈なので
読んだ感想を話してもらうと、何かしら見えてくるものです。

 

なぜ 「イライラ」したのか。
どうして 「腹が立つ」のか。
何がきっかけで 「どっと疲れを感じた」のか。

 

その感想に共感できるものがあれば、トコトンお話してみてください。

 

自分では思い付かない考え方を教わったり、
あなたのこころを 解放してくれるような言葉で 癒されるかもしれません。

 

リラックスする 呼吸法


いつ どこでもできる ストレス解消法 
それは 呼吸 です。

 

私は「首や肩がつらい」「イライラする」
そんなときは 呼吸を意識 するようにしています。

 

とっても不思議なのですが、
こういうときの呼吸は 「浅くて短い」 ことに驚きます。
リラックス しているときの回数と比べると 倍くらい違うのです。 

 

ところで、人は1分間に どのくらいの呼吸をすると思いますか?

 

ストレスと呼吸調べてみると、
こころが安定しているときで 16回前後。

 

超ベテランの僧侶が座禅をしているときは、
1分間に たった1〜2回!

 

更にアルファ波も出ているそうです。
(リラックスや集中の状態のときにでる脳波)

 

吸う息は 脈を早め、吐く息は 脈を遅くするといわれています。

 

猫背や前傾姿勢がつづくと、呼吸が浅くなってしまうので
つねに 酸素不足 になっている人が多いそうです。

 

慢性的な酸素不足は、からだに疲れを溜まりやすくしてしまいます。
また、習慣的に浅い呼吸は、睡眠時にも呼吸が浅く 疲労回復にも影響します。

 

いつ、どこでも簡単にできるリラックス呼吸法。
ほんの数分でも大丈夫。

 

呼吸を「深く」「浅く」と意識するだけで、
集中力が増し、心身の緊張がほぐれて 穏やかな気持ちになります。

 

そして、時間がとれるなら
是非、この後紹介する呼吸法を ゆっくりと行なってみてください。

 

あなたも 呼吸の違いに気づくはずです。
からだの緊張も緩んできて、穏やかで 幸せな気持ちになります。

 

【呼吸方法】
座禅では、吐くときの意識が大切だと教えられます。
ポイントは「ゆっくり長く」。

 

吐く息を長く(5秒以上)。
すべて吐ききって お腹をへこませる。

 

吸うときは短く。
先にお腹を戻してから吸うと 自然に入ってくる(無理に吸わない)。

 

「ひと〜〜〜つ」 「ふた〜〜〜つ」 「みぃ〜〜〜つ」
これを しばらく続けると 心が落ち着いてきます。

 

意識してプラス思考をしよう


人生は修行だと言うひともいます。

 

生きていれば悩みや不安、からだの痛みが伴うものです。
これは誰にでも起ること。

 

あれこれ悩んでいても 何も変わりません。
マイナス思考はあなたを追い詰めてしまいます。

 

プラス思考に変えていきましょう。
慣れるまでは 無理にでもプラス思考にします。

 

例えば、「今日は頑張った」「ありがとうと言われた」と自分を褒めてみる。

 

良い気持ちになること、穏やかな気持ちになることを意識する。

 

「店員の対応が良かったから、気分がいい」
「おいしいものを食べられた しあわせ〜」
「天気が良くて気持ちいいなぁ」
「桜がきれいに咲いている ラッキー!」
「この犬かわいい〜」などなど・・・。

あなたは、いつも自分の感情を抑えすぎていませんか?

 

思いっきり笑う!泣く!

 

今まで感情をおさえて、頑張っていた方。 
いつ、どのように表現していいか・・・と困っていませんか。

 

そんなときは、映画などで 無理やり笑ったり 泣いたりできる状況を作り出す。
一度 試してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

この内容の関連ページ

 眠れるCDと音楽 リラックス効果のあるα波が現れやすい音楽とは
 アロマテラピー なぜ、好きな香りは心地よい気分になるのか。
 眠りやすくする入浴方法 ゆっくりお風呂でリラックス
シャワーで済ませたいときでも大丈夫。
簡単な入浴方法も紹介します。
 安眠したい!枕の知識 あなたは自分に合う枕で眠っていますか?
おすすめの安眠枕やまくらの調節方法を紹介します。
 タバコと睡眠について ストレスでタバコの本数が増えていませんか?
睡眠にどのくらい影響するのでしょうか。