最適な睡眠時間は?



『寝起き、目覚め』でお悩みなら
     「なぜ この『目覚まし時計』はスッキリ起きられるのか」

 

驚きの機能が付いた目覚まし腕時計。 どこでも使えるので便利です♪

あなたは自分に必要な睡眠時間をとれていますか?

 

忙しくて睡眠不足なのか、睡眠時間は足りてるはずなのに辛いのか・・。

 

あなたにとって 最適な睡眠時間 を把握して、
スッキリ目覚める方法 や 他の原因を探るヒント を紹介します。

 

一般的に 睡眠時間は8時間 とよく言われますが、医学的根拠はないようです。

 

【歴史上の人物の睡眠時間】

 

アインシュタインは10時間以上眠っていたそうです。 いわゆる長時間睡眠者。
エジソンの睡眠時間が4〜5時間。
ナポレオンや野口英世は 3時間しか眠らなかった、という短時間睡眠者。

短時間睡眠なんて、うらやましい!
自分もできるのか?・・・と思いましたが、
必要な睡眠時間を減らすトレーニング方法はないようです。

 

このように 睡眠時間が5時間未満 の「ショートスリーパー」や
10時間以上の「ロングスリーパー」はごく少数。

 

色々な調査結果や文献をみると
年齢、性別の差 や 季節の影響 がありましたが、
平均すると 6.5〜8時間眠ると体調が良い という人が大多数を占めていました。

 

なぜ 睡眠時間は変化するのか


ところで、 「睡眠時間は年齢とともに変化していく」 という話をご存知でしょうか?

 

加齢とともに 体内時計のリズムが前倒しになり、
早寝早起きになるといわれています。

 

睡眠時間は変化する

 

これは健康状態の変化や、
年とともに活動量が減ること。

 

脳内ホルモン物質「メラトニン」の分泌が
減少していくことも関係していると
考えられています。

 

睡眠時間は 年齢や体重 などによって大きく差があります。

 

眠れた時間を 他人と比較するよりも 「質の高い眠りを多くとる」。
このように 心がけたほうが有意義だと 考えてみませんか。

 

必要な睡眠時間は1日の合計で確保する


あなたの1日の睡眠時間はどのくらいでしょうか。

 

一日の合計が 4.5時間 を下回る日々が続くと、
心と体に支障をきたす可能性がある ともいわれています。

 

私の経験では、4時間の睡眠が続いたときに覚えがあります。
最初は何ともなかったのですが 2ヶ月たった頃から不調を感じるようになり・・・

 

思い返せば、常にぼんやりしていました。
普段は笑って過ごすようなことでも 目くじらを立ててみたり、
心もからだも、後ろ向きな状態だったことを思い出します。

 

睡眠時間が不足していたので、昼休みに仮眠をとって睡眠不足を補っていましたが、
まだ足りなかったのだと思います。

 

あなたに最適な睡眠時間を探そう


不足した睡眠時間は、仮眠などで補うことを検討してみます。

 

まず、あなたに必要な睡眠時間を把握します。
どうやって 最適な睡眠時間を把握するのか?

 

これまでより 睡眠時間を1時間ずつ増やしてみます。

 

目覚めここで大事なことは、
朝寝坊をして睡眠時間を増やすのはNG。

 

体内時計のリズムを崩す可能性があるからです。
「寝つき」や「寝起き」に影響するので逆効果。

 

忙しい方にとっては 大変なことだと思いますが、就寝時間を1時間早めるようにします。
連休ならどうでしょうか? 試してみませんか。

 

最適な睡眠時間になるまで、1時間づつ増やしていきます。
あなたに合った 理想の睡眠時間 で眠ったときは、朝の目覚めもスッキリ。

 

あきらかな違いに驚きます。

 

「朝すっと起きられる」「気分が良い」「昼間の眠気がほとんどない」
(昼食後は眠気を感じますので、考慮してください)

 

このように感じられれば、最適な睡眠時間をとれたと考えます。
特に、睡眠不足が続いたときは、この違いがはっきりわかります。

 

睡眠時間は足りているのに


自分の睡眠時間が把握できたら、あなたの理想の睡眠時間をとれるように考えます。

 

生活にどのように組み込んでいくか。
仮眠を取り入れて、睡眠不足を補うべきか。
就寝時間を早くするには、何をどう変えていけばよいのか。

 

これを試すことで、今までの眠気の原因が判明するかもしれません。

 

消去法になりますが、睡眠不足が影響していて辛かったのか。
それとも睡眠時間以外の問題なのかを判断することができます。

 

目覚まし時計もし、あなたが最適な睡眠時間をとっても

 

「朝起きれない」
「寝起きが悪い」
「昼間に眠気がある」
「疲れが取れない」

 

など、

 

睡眠の質が変わらないのなら、別の方法で対策をとります。

 

なぜ、朝起きれないのか 考えられるものは・・・

 

「レム睡眠とノンレム睡眠」 のサイクル と 起きる時間が合っていない。
体内時計が乱れている。
「無呼吸」「ストレス」「病気」など、さまざまな問題が浮かんできます。

 

次に何を検証したらよいのか。
トップページや下の関連ページも参考にしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

この内容の関連ページ

 睡眠不足と体内時計のリセット 睡眠不足を補うコツなどを紹介します。
 体内時計とは 生体リズムをコントロールする
生まれ持った機能とは
 睡眠とホルモンについて 「メラトニン」「セロトニン」が
睡眠ホルモンといわれる理由とは