快適な睡眠とは



あなたは今、快適な睡眠をとれていますか?

 

快適な睡眠は人それぞれ違います。

 

「短い時間の眠りでも、毎日元気」
「長い時間眠れば快適、疲れも取れる」
「朝起きれない、夜遅くても全然平気」
「目覚ましナシでも起きれるが、夜は早く眠くなる」

 

快適な眠りの長さも、形態も、千差万別、十人十色です。

 

「出張が多い」
「不規則な勤務体系」
「朝早く起きなければならない仕事」
「夜を徹してする仕事」

 

個人差がある 眠りの快適度


今の生活スタイルと、自分の眠りが合っていないと感じていても
どこかで何とか折合いを、つけていかねばなりません。

 

どんな生活環境でも、眠りが長くても短くても、不規則でも規則正しくても、
ひとつ言えるのは、「眠りの質は良いに越したことはない」ということです。

 

では、質の良い眠りとは?
「深く熟睡できる状態」と言い換えられます。

 

どんなに睡眠時間を長くしても、調子が悪い。
これは、眠りが浅くて熟睡できていない典型です。

 

朝起きて目覚めがスッキリしていたら、「快眠できた」と感じます。
「あなたの快適な睡眠」は、誰かと比較したものでなく、
自分自身で感じるものではないでしょうか。

 

たとえそれが理想の眠りと違っても、
いまある暮らしのその中で、最大限の良い眠りと感じることができるならば・・・。

 

それこそ「あなたの快適な睡眠」と思いませんか?

 

眠りの質を良くする方法


帰宅が遅く、眠りにあてる時間が足りない。
寝ている間に呼吸が止まる状態で眠っている。
いつでも疲れを感じている。

 

すこしでも眠りに不満をもっているなら始めてみませんか。

 

 ステップ1  睡眠について理解する
 ステップ2  生活習慣をほんの少し見直してみる
 ステップ3  寝具や寝室環境を自分にあうように変えてみる

その結果、眠りの質が良くなるなら・・・。

 

人によっては、病院に行かなければ解決しない問題もあると思います。
が、少しの工夫で良くなる人もいます。

 

なんでも試してみないとわかりません。
あなたの眠りの問題が、解決することを願っています。

 

サイトカテゴリー

 睡眠の基礎知識 あなたの不眠の原因は何でしょうか。
不眠の改善に役立つ情報が見つかるかもしれません。
 生活習慣を見直そう ちょっとの工夫で、睡眠の質を良くしたい。
 忘れないで!寝室環境 眠りやすくするために、寝具や照明など
身近なものから調整してみよう。
 食習慣をチェック 睡眠によい食品があることをご存知ですか?
食事のとり方も眠りに影響します。
このエントリーをはてなブックマークに追加