安眠のための布団について 【掛け布団編】



寝室
羽毛布団の選び方

 

羽毛の種類 や 羽毛布団 と 羽根布団 の違いなど。

 

その他 ダニなどの
アレルギーが気になる方に おすすめの布団

 

「夏涼しく 冬暖かい」
オールシーズン使える掛け布団

 

洗濯できる掛け布団も紹介します。

 

 

掛け布団には2つの機能がほしい


掛け布団に求められるのはどんな役割だと思いますか。

 

布団に包まれると暖かくて心地よいのは、
からだから出る「熱と湿気」がバランスよく保たれている状態です。

 

ちなみに快適だと感じられるのは
体温よりやや低めの33℃位、湿度は50%前後といわれています。

 

布団に入ってもなかなか暖かくならないのは、
体から放出した熱がふとんの外に逃げてしまうため。

 

また、暑すぎると感じるのは通気性が極度に低く、熱や湿気が放出されない。

 

温度計例えるなら・・・ダイエットスーツが近いと思います。
この状態では快適に眠れません。

 

そこで 掛け布団に求められるのは「熱と湿気の適度な放出」です。

 

布団の中の「温度と湿度」が上昇してくると、
「熱と湿気」を外に逃がしながら温度と湿度を下げていく。

 

あるところでバランスがとれて、
ふとんの中は 一定の暖かさ に保たれます。

 

あなたが使用している布団のバランス機能はいかがですか?

 

布団の選び方


掛け布団といっても様々な種類があるので、どれを選ぶか悩んでします。
まずは、どんな使い方をするのか検討します。

 

チェック オールシーズン

 

オールシーズン使うけど、真冬は毛布を使用するので、薄手の掛け布団がほしい。
オールシーズン使うけど、冬でも暖かい羽毛布団を探してる。
オールシーズン使うので、洗濯できる布団を探してる。

 

オールシーズン使える布団は 2枚合わせなので生地が増える分、布団の重みも増しますが、
便利なので好まれています。
また、中綿の素材によって 暖かさに違いがでるので、あなたの好みで選択していきます。

 

できれば出費もおさえたい、となれば 3シーズン使える掛け布団。
これなら 比較的安価で購入できます。
薄手の布団が多いので、真冬には毛布などと一緒に使用します。

 

チェック 真冬に使う

 

真冬でも、とにかく暖かくて軽い布団がほしい。

 

あたたかさを重視するなら羽毛布団です。
高品質な羽毛布団は、とても暖かく快適ですが お値段も高い。

 

そこで、生活環境と合わせて考えてみてください。

 

「毛布があるから・・・」 「エアコンを使う前提だから・・・」と言う方は、
「羽毛の種類はグースより小さいダックでもいいかな・・・」(グースより安価)
といように、羽毛布団の選び方としては、次のことを組み合わせて考えます。

 

羽毛の品質 と 羽毛布団の生地。
これが「温度と湿度」のバランスを保つ機能に影響します。

 

チェック アレルギー対策

 

アレルギーが心配なので羽毛以外の掛け布団を探してる。

 

羽毛以外の布団の選び方は、中綿の素材です。
保温力・重量・アレルギー対策のほか、洗濯できる布団か否かも考えます。

 

羽毛布団が人気の理由


あたたかくて軽い布団を選ぼうとすると、羽毛はダントツではないでしょうか。
保温性にすぐれ、透湿性も高い。

 

ダンボールにくるまると暖かいと言います。

 

これは、ダンボールのギザギザの中の空気が壁となって
断熱材の役割をはたし、外気温を遮断しているためです。

 

(空気の熱を伝える効率は、固体や液体に比べて低いために起る現象)

 

これと同じ原理で、
羽毛布団に入ってしばらくすると、体から出た熱気が上へと行こうとします。

 

気球
まるで気球が膨らむように、
羽毛布団は 徐々に徐々に膨らんで・・・。

 

暖まった空気を逃がさないように
羽毛がつかまえる。

 

限界がくると、
その熱気は 羽毛の隙間から逃げ出していく。

 

こうして布団の中のバランスをとって 一定の暖かさに保ちます。

 

【まとめ】 保温性について

羽毛布団は、羽毛が空気を抱きかかえ
その空気が体から出る熱気によって温められることで保温します。

 

体の上に暖かい空気の層ができて 包まれているイメージです。

【まとめ】 透湿性について

 

透湿性は、湿気をどれだけ逃がせるかと言うこと。

 

余分な熱気は 羽毛の隙間から出ていきますが、
この熱気には水分が含まれるので 湿気も一緒に逃がすことになります。

 

このときに 湿度の調節も行なってくれるのが羽毛の特徴です。

重要なのは「水鳥の羽毛」ということです。

 

水鳥の羽毛は 適度な脂分で覆われて、水を弾くようにできています。
つまり水を吸わないので、湿気がそのまま逃げていくのです。

 

もしこれが ニワトリなどの羽毛でできてると、
水分を吸収するので 十分に湿気を逃がすことができません。

 

羽毛布団は、「温度や湿度を自動調節できるから夏でもOK」
という文言を見かけたことがありますが

 

それは羽毛の種類によって変わります。

 

冬が終わり、暖かくなってくると、いつしか必ず感じます。
「羽毛布団はもう暑い!」

 

羽毛布団の温度や湿度の調節にも限界はあります。

 

羽毛の品質 価格の違い


羽毛布団を選ぶときは、「羽毛の品質」「羽毛布団の生地」 を組み合わせて考えます。
とくに、羽毛の品質は 「温度と湿度」のバランスを保つ機能に影響するので
その選び方を紹介します。

 

チェック 1: 羽毛の品質

 

【 品質表示ラベル 】
羽毛ふとんの品質は、日本羽毛製品協同組合が4つのランクに分類しています。

 

「ダウンパワー(かさ高性)」「洗浄の度合い」「ダウンとフェザーの混合率」「鳥の種類」
などが評価基準です。

 

品質表示(ゴールドラベル)の画像は
記事: 「人気の羽毛布団 と おすすめポイント 一覧」に掲載してます

【 ダウンパワー(かさ高) 】
ダウンパワーとは、羽毛のふくらみを数値化したものです。
以前は「かさ高」と呼ばれていましたが、平成24年春に「ダウンパワー」と改称。

 

 (新)
ダウンパワー cm3/g
 品質表示ラベル (旧)
かさ高 単位 cm(mm)
ダウンパワー 
440dp以上
 プレミアムゴールドラベル かさ高
18.0cm以上
ダウンパワー 
400dp以上
 ロイヤルゴールドラベル かさ高
16.5p以上
ダウンパワー 
350dp以上
 エクセルゴールドラベル かさ高
14.5cm以上
ダウンパワー 
300dp以上
 ニューゴールドラベル かさ高
12.0cm以上

(評価基準の単位は変わっても、同一ラベルであれば品質の差はありません)

 

測定内容も変更になり、羽毛の「高さ」ではなく「体積」の計測をしています。
一定重量の羽毛を試験装置内に入れ、ふとんの中の羽毛と同じくらいの圧力を掛けて、
1gあたりの体積(cm3/g)を計測します。

 

数値が高いほど 空気を多く含むので、温かく高品質な羽毛となります。
ということは、羽毛の重量が同じでも ダウンパワーの違いが 保温力に差をつけます。

 

また、羽毛は「種類」「飼育期間」「産地」によっても品質に違いがでます。

 

【 羽毛と羽根の違い 】
羽毛
(ダウン)
・水鳥の胸の部分でタンポポの綿毛のような形
・柔らかく、羽根よりも保温力がある
・価格は羽根より高い
羽根
(フェザー)
・水鳥の翼の部分
 募金するともらえる羽根より少し小さい
・羽毛に比べるとごわごわしていて保温力は弱い

 

羽毛 【 羽毛と羽根の混合比率 】

 

ダウンが50%以上入っていると羽毛布団

 

スモールフェザーが50%以上入っていると
羽根布団と定義されます。

 

同じ品質の羽毛なら 、ダウン比率が高いほうが暖かいので 価格も高くなります。

 

【 羽毛の種類 】
羽毛の種類は、 ダック(あひる) と グース(ガチョウ又は白鳥) です。
ダウンの大きさが倍以上違います。
ダックよりグースの方が羽毛の綿毛も大きく、
空気をたくさん含むことができるので、とても暖かく高価です。

 

【 飼育期間 】
飼育期間の短いひな鳥は、羽毛も小さく 食肉用と併せると沢山のダウンが採れるので安価です。
一方、成鳥の羽毛は マザーグース・マザーダックなどと呼ばれていて、
羽毛が空気をたくさん捕まえられるので、保温力・透湿性に優れています。

 

簡単に表すと
羽毛の大きさ & 価格】:  マザーグース   グース    マザーダック   ダック

【 産地 】
羽毛の種類が同じでも 産地による違いがあります。

 

白鳥フランス・ハンガリー よりも ロシアの方が寒い。

 

寒い地方で育った鳥は、
厳しい寒さから身を守るために 羽毛の密度が濃くなります。

 

このようなダウンの綿毛は、空気をたくさん含むので
とてもあたたかくて 品質が良いとされています。

 

チェック 2: 羽毛布団の生地

 

羽毛布団の側生地に よく使われているのが超長綿の素材です。
なかでも 高密度に織り上げた生地は、アレルギーの心配の種である
ダニの侵入を妨げる効果もあります。

 

【 超長綿の素材 】
ごわごわ感がなく、しなやかな肌触りです。
ソフトで繊維の長い 良質の綿糸から織られたもののことで、
「ごそごそ」とカバーと側生地のこすれる音の発生を低減します。

 

生地には、40番手平織り ・ 40/50番手ツイル織りなどがあります。
この番手というのは糸の太さを表していて、
50 ・ 60 ・ 70と数が多いほど 糸が細くて柔らかいので 肌触りが良い。

 

また、60 ・ 80番手サテンになると音は気にならなくなりますが、
生地の織り方によっても違いがでます。
肌触りのいいものから順に並べると

 

   サテン織り(繻子織)   ツイル織り(綾織)    ブロード(平織り)
日本の羽毛ふとん生地はガサガサしないサテン織やツイル織が主流です。

 

【 打ち込み本数とは・・・ 】
ふとん生地の 「さわり心地のよさ」 をイメージすることができます。
柔らかさ・軽さ・通気性の良さ・肌触り・しなやかさを決めるのが「打ち込み本数」。

 

生地の縦糸と横糸の合計本数で表します。
1インチ(約2.5cm)四方の中に 織り込まれている本数が多いと、
それだけ細い糸を使用しなければならないので、高い技術を必要とします。

 

細い糸を緻密に織り込んでいるから、生地の密度が高くなり 肌触りがとても柔らかく
しなやかさを持つ高級生地になります。
その上、とても軽くて耐久性に優れています。

 

【 ダウンプルーフ加工 】
生地からダウンが抜け出てこないように、
特殊な目詰めを施すことをダウンプルーフ加工と言います。

 

ローラーで生地に熱と圧力を加えることによって、
糸を変形させて 糸間の隙間を小さくし、ダウンの吹き出しを抑えます。
羽毛の良さを 最大限に引き出すための加工方法です。

 

ダウンの持つ吸湿・放湿・発散性などの特徴を活かすために
生地の通気性を確保しています。

 

同じダウンプルーフ加工でも、
樹脂などを使って生地の隙間を完全に埋めてしまうコ−ティング加工は、
通気性が悪くなるので 羽毛の良さを生かしきれません。

 

通常の生地にこの加工を施すと、音が気になる方もいるようです。
寝返りをする度に「ゴソゴソ」「ガサガサ」と布団生地のこすれる音がします。

 

そこで、コーティング材を少量にできる
高密度の生地に加工することで、音の発生を低減します。

 

生地が柔らかく、肌触りが良く、軽くて耐久性も優れています。

 

掛け布団の重さ と 睡眠の質


「布団の重さは気にしてない」
という方が結構いますが、意外にふとんの重量は大事です。

 

重い布団は、心臓を圧迫する可能性があるからです。
高血圧の方は、睡眠中に血圧が上がることもあります。

 

そうでなくても重い布団は、睡眠中に体を圧迫し続けることになるので
睡眠の質に影響します。

 

一般に心地よいとされている布団の重みは、1.2〜1.4キロ程度のもの。

 

これまで、重みのある布団で眠っていた方は
毎日の積み重ねが負担となり、睡眠にも影響していたかもしれません。

 

できれば、軽い布団にかえることをおすすめします。
あまりの違いに驚きます。

 

最初は物足りなく感じますが、
慣れてきたときの「ふわぁ〜」っとつつまれる心地よさ。
この快適な眠りを忘れられません。

 

羽毛布団にも弱点がある?


羽毛布団のタグを見たことありますか?

 

「直接日光に当てないでください」 「風通しの良い日陰に干してください」
これは、羽毛の品質を保つための表示です。

 

洗濯できる羽毛布団も販売されていますが、
品質の良い高級なふとんこそ 洗えない場合が多いです。

 

洗濯そのため、悩んでしまう方の意見は

 

・洗濯できないから 布団の汚れが気になる。
・ドライクリーニングに出すから出費が痛い。

この他には

 

・羽毛布団は、夏に使えないので非経済的。
・防菌・防臭加工されていても アレルギーが心配。
などです。

 

アレルギーで問題になるのは、ダニの死骸や糞などです。
ダニ繁殖の最適条件は、温度が25〜30℃、湿度が60〜85%程度。

 

アレルギーが心配な方は、やっぱり洗える布団を選びたいのではないでしょうか。

 

洗濯できる布団


洗える布団といえば、
オールシーズン使える 「合い掛け」のような薄い布団を思い浮かべますが

 

最近では冬でもあたたかい 特殊繊維を使用した布団から
羽毛布団まで洗濯できるように製造されています。

 

しかし 洗える羽毛布団は、品質表示のランクが少し下がります。
つまり、保温力などが・・・。

 

それなら、羽毛にこだわらない。
暖かくて軽い布団ならOKという方には、特殊繊維を使用した布団をおすすめします。

 

おすすめの掛け布団


たくさんあるので、別ページに掲載しています。

 

記事:  「人気の羽毛布団 と おすすめポイント 一覧」
記事:  「人気の掛け布団(羽毛以外) と おすすめポイント 一覧」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

この内容の関連ページ

 安眠のための布団について【敷き布団編】 敷き布団の役割や選び方を紹介します。
 安眠したい!枕の知識 あなたは自分に合う枕を使っていますか?
 寝室環境の影響 寝室の照明や温度が眠りに影響することを
あなたはご存知でしたか?
 レム睡眠とノンレム睡眠 なぜ、寝起きが悪いのか?
眠りの質は疲労回復にも影響します。